洗剤なしの洗濯では刺激物質を落とせないのです!

洗剤なしの洗濯では刺激物質を落とせない

一日着ていた服には刺激物質がいっぱい

 

「洗剤が肌によくないなら、洗剤なしで洗えばいい」

 

このような発想から、最近では洗剤の代替品となる洗濯グッズが人気のようです。

 

界面活性剤が含まれず、環境にやさしいことからも注目されています。

 

洗剤を使わなければ、たしかに肌は傷みません。

 

しかし一日着ていた衣類には、抗菌剤などの刺激物質が多く付着しています。

 

これらは泥汚れなどとは異なり、洗剤を使わないとキレイに落とせません。

 

また、洗濯ボール自体に抗菌加工がほどこされている場合にも、肌を傷める原因となります。

 

ナチュラル系の洗濯グッズも肌のダメージになります。

 

 

重曹

 

水温が低いと、溶け残った重曹が布地に残留します。

 

アルカリ性の重曹は、刺激性物質です。

 

残留した成分が肌にふれると、肌が傷む原因となります。

 

 

洗濯ボールや洗濯リング

 

洗濯洗剤を使わないと、服についた刺激性物質、新品の衣類にほどこされた柔軟仕上げを落とすことはできません。

 

そのため刺激物質が衣類に残留し、肌を刺激するおそれがあります。

 

 

炭や塩

 

「天然素材は肌にやさしい」と思われがちだが、十分な洗浄力があるかが定かではありません。

 

ハーブや発酵物質なと、その他の天然素材も同様です。

 

おしゃれ着用洗剤も肌荒れやかゆみの原因に

 

シルクやウール製のおしゃれ着は、中性洗剤で洗わないと、生地が傷んでしまいます。

 

しかし残念ながら、現在市販されている中性洗剤で、肌の弱い人におすすめできるものはありません。

 

柔軟剤などの刺激物質が含まれているためです。

 

中性洗剤で洗った服を着るときは、綿のインナーの上から着るなど、肌にふれさせない工夫をしましょう。

 

着るときは肌に触れる面積を極力減らすのがポイントです。

 

インナーはキャミソールタイプではなく、半袖〜長袖タイプを選びましょう。

 

顔に触れるタートル系はなるべく控えましょう。

 

胸元や背中にかゆみやぶつぶつがある時は中性洗剤の使用しないようにしましょう。

 

洗濯する時に使う洗顔器にも成分が残るので、洗顔や洗髪には使わないようにしましょう。