洗剤を替えましょう!胸のぶつぶつがよくなります!

洗剤を替えると胸のぶつぶつがよくなる

洗剤を替えると胸のぶつぶつ、ニキビがよくなる

 

洗濯洗剤が胸のぶつぶつの原因となることは、一般的にはあまり知られていません。

 

シャンプーやボディソープと同様、あまりにも当たり前の日用品として浸透しているためでしょう。

 

洗濯洗剤は、界面活性剤そのものです。

 

肌に塗るものではありませんが、洗濯後の服に成分が残留していると、接触性皮膚炎の原因となります。

 

毎日肌にふれる寝具も同様です。

 

とくに枕カバー、布団カバー、下着、パジャマは、肌に直接ふれるぶん、大きな影響があります。

 

化粧品やシャンプーをやめても、胸にぶつぶつ、赤みがあるという人は、洗剤を替えるだけで、肌が一気に改善することがあります。

 

 

合成界面活性剤でいいんです。生地に残らない洗剤を選ぶのが重要です。

 

洗剤選びで大切なのは、柔軟剤、抗菌剤、蛍光増白剤を含まないこと。

 

さらに、洗浄成分が衣服や布団、シーツなどの肌に直接触れるものに残留しないということも重要になります。

 

原料が合成か天然かというのは、ここではほとんど問題ではありません。

 

市場に出回っている洗濯洗剤について検討し、実際に使用したところ、この条件を満たすのは、「トップクリアリキッド」1種類だけでした。

 

肌の弱い人にも安心してすすめられるのは、残念ながらこの洗剤のみ。

 

AE系とよばれる界面活性剤でできた洗剤で、すすぎ後に成分が残留しないことが、第三者機関のテストでも証明されています。

 

肌への刺激が少ない洗剤を選ぶ

 

主成分である界面活性剤にもいくつかの種類がありますが、肌への刺激が少ないのはAE系のものです。

 

柔軟剤や抗菌剤、蛍光増白剤が配合されていないものを選ぶといいでしょう。

 

 

使てもいい洗剤

 

AE系界面活性剤

 

比較的新しいタイプの界面活性剤で、使用後は自然界で分解されやすいです。

 

少しの量で汚れをちゃんと落とすことができますし、きれいに洗い流してしまえば布地への残留物も少なくて済む洗剤です。

 

市場に出回っているAE系主体の洗剤で、肌を傷める柔軟剤、蛍光増白剤、抗菌剤が含まれていないのは、「トップクリアリキッド」1種類だけ。

 

 

使わない方がいい洗剤

 

 

蛍光増白剤

 

布地をコーティングする染料の一種で、白さを増す働きがあります。

 

肌の弱い人には刺激となることがわかっています。

 

 

LAS系界面活性剤

 

50年以上も前から洗濯洗剤に使われている成分です。

 

汚れを落とす効果が高いが、自然界で分解されにくく、肌にも環境にもよくないことが指摘されています。

 

 

抗菌剤

 

抗菌作用は、肌細胞のタンパク質を変性させることで得られる効果です。

 

肌バリアが壊れるうえ、常在菌も減少し、赤みやかゆみも出やすくなります。

 

 

油脂由来の界面活性剤

 

ヤシ油などの油脂からつくられた界面活性剤は、遊離脂肪酸が布地に残留しやすく、肌の炎症を引き起こします。

 

 

柔軟剤

 

柔軟剤の主成分となるものは陽イオン界面活性剤です。

 

界面活性剤の皮膜で繊維を覆うことにより、布地の滑りをよくする作用があります。

 

肌細胞のタンパク変性をまねくうえ、常在菌にも悪影響を与えます。